しまね田舎ツーリズム ポータルサイト おいでよ!しまね

山県そば

横田の中心を走る国道314号を東へ4キロ、山間の棚田の中に「山県そば」は静かに佇んでいます。
実践者の西澤さんは約12年前 、近隣住民の有志で「山県そば会」を設立、「やるなら地元、ここ大呂で」という強い思い入れで店舗設置しました。山県(やまがた)とはこの地域の名前で、店の向いには日本で唯一古代たたら製法を受け継ぐ「日刀保たたら」の建物が見えます。

「山県そば」では、蕎麦の材料全てを地元のものを使い、試行錯誤を重ねて作り上げた合わせ調味料と出汁を煮込んだ秘伝の汁をかけていただきます。地域の伝統文化にちなんだ盛り付けや、季節ごとに品を変えるなど、ここでしか味わえないものばかりです。

妥協を許さず細部にわたりひとつひとつを吟味する蕎麦を求めて、蕎麦通みならず県内外から沢山の客が足を運ぶことも頷けます。店と同じ敷地内には蕎麦打ち体験工房が併設されており、指導のもと蕎麦打ち体験をすることもできます。

たたらの歴史とともに独自の発展を遂げてきた奥出雲町の蕎麦を、ここ「山県そば」で味わってみませんか?

体験一覧

1蕎麦打ち体験

体験カテゴリ 料理体験
期間 年中
対象年齢
体験人数 蕎麦打ち1台につき何人でも使用可
体験所要時間 約1時間
料金 蕎麦打ち台料 1台2,500円
当日持参するもの エプロン(大人用のみ用意有ります)
予約の有無 有(1週間前までに電話予約)
体験内容 「山県そば」では、指導のもと蕎麦打ち体験をすることができます。力や指先の感覚が必要になるなど難しい行程もある蕎麦打ちですが、実践者の西澤さんやお店の方が丁寧に指導してくれるので安心です。
 
西澤さん曰く、「蕎麦は喉越し」。柔らかな艶を帯びた麺はやや薄い灰色、敢えて十割蕎麦ではなく約5パーセントだけつなぎを配合する二八蕎麦に仕立てることにより、喉越しがよく蕎麦の香りが広がるように計算されています。

汁は、「山県そば」秘伝の汁。出雲地方独特の汁とは違い、砂糖を控えた合わせた調味料を、出汁と一緒に煮込むことにより甘味を引き出します。水は中国山脈の湧水「延命水」を使用します。
窓の外に広がる懐かしい棚田の景色を眺めながら、自分で打った蕎麦を食べるのも滅多にできない経験です。

「山県そば」では蕎麦打ち体験の他に、地元の幼稚園児を招き契約農家の畑で芋堀り体験の後、みんなで蕎麦を打って食べるという取り組み等も行っています。
備考 *体験料は蕎麦を打つ台、1台分の料金です。1台につき何名でも使用できます。

施設の詳細

団体名 山県そば
実施者 西澤 由英(にしざわ よしてる)さん
住所 〒〒699-1802  島根県仁多郡奥出雲町大呂515
問い合わせ電話番号 0854-52-1149
営業時間 10:30~17:00
定休日 毎週水曜日(その他は盆正月を含め、全て営業)
交通手段 出雲横田駅から東(安来・日南方面)へ車で約4km

マップ

読み込み中......
パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード