しまね田舎ツーリズム ポータルサイト おいでよ!しまね

みんなのおうちプロジェクト※現在は体験提供をしておりません

体験一覧

1古民家を住みやすくする体験

体験カテゴリ 自然体験/その他
料金 別途お問い合わせください
体験内容 外部との一体感を重視した造りは調和を生み人の心にも癒しを生む。 昔の家は、玄関から室内に行く時、大きな段差があります。一見すると、段差が不便に思うかも知れませんが、そこに人が座れる高さになっていて御近所さんが来たときには「立ち話も何なので」この 一言でそこに座り、お茶を飲み雑談しコミュニケーションが出来ていたのではないでしょうか。そして縁側です。木漏れ日の中、縁側でお爺ちゃん、お婆ちゃんと外の風景を眺めお茶を飲む。誰しも思い出の中にある風景だと思います。 古民家はその土地の環境に合わせて作られ主に農業をする為に造られた家が多く農作業に適した造りになっています。 そして、昔の家は土間があります。玄関とは別になっている為、農作業などで靴が汚れてもそこから入り、洗って室内に入れるようになっているので玄関を汚さないですみます。 古民家も考え方一つ変えてみれば、いいものではないですか? でも実際住んでみると確かに寒くて暗いなどの問題があります。 そこで、この問題を解決し住みやすくする為に、みんなのおうちでは室内の建具を全て取り外し、風 通しを良くし、日差しが入り明るくしています。冬は障子や襖を建てるのではなく木製ガラス戸を建て ることで、日差しが入り日中も温かいです。現代のペアガラスの役割をしています。 このように、一つ一つ問題を見つけていき解決していく体験学習です。今後の作業としましては、壁の漆喰塗り、キッチンのタイル張り、ウッドデッキ、ツリーハウスの作成を予定しています。

2田舎暮らし体験

体験カテゴリ 農林漁村体験/自然体験
料金 別途お問い合わせください
体験内容 古民家前に、畑、山を所有しています。(1320平米) そこで苗植えや収穫祭等気軽に体験できるイベントの開催。定期的に作物の苗植え時期や発育状況、 収穫時期の報告を行い目当ての作物が出来るまでの過程を体験して頂きます。

土間。言葉は知っていても実際使った事がある方は少ないと思います。 このイベントでは、一般に販売されている綺麗にパッケージされている農作物ではなく、畑で収穫したばかりの泥だらけの物、形が綺麗ではないものが収穫されます。
そこで、土間の活用方法に繋がります。玄関とは別になっている為、農作業などで靴が汚れていた り、農作物を洗って室内に入れるようになっているので、土間の有効性に気付く事が出来ます。 現代に置き換えれば子供が泥だらけになって帰ってきても土間があれば綺麗にして室内に入れるなど、 今でも活用できる間取りの一つだと思います。 実際に体験するからわかってくる土間、縁側の良さをこの田舎暮らし体験では農作業をすることで参加者様には知ってもらいたいと思います。 昔の人がなぜそれを作ったのか(土間、縁側)を知ることができます。これから家を考える人に間取り の参考にしてもらい日本の伝統文化を継承して頂きたいと思います。
田舎暮らし体験では実際に畑に入り農作業を体験してもらいます。

3ものつくり体験

体験カテゴリ 自然体験/その他
体験内容 毎回変わる作品を講師を招いて自ら作って頂きます。
簡単な物から難しい物まで思い出に残る一品を作りませんか?
お好みの作品ありましたら是非、ご参加ください。

4わらしべ長者体験

体験カテゴリ その他
期間 各イベント開催時
体験内容 各イベント時に毎回開催。 幾世代にも渡って住み継がれてきた古民家は愛着や祖先から受け継いできたものを大切に思うと気持 ち、新しい家にはない味わい、独自の木の温もりがあります。 そして、建物だけでなく日常的に使う物にも命があります。 使える物は、工夫しながら使っていく。物の大切さを伝えたい。 そこで、【わらしべ長者 体験】は、ぶつぶつ交換による交流を目的とした企画です。 事前に欲しいもの、不要になった物を話し合い交換する場所がこの古民家であれば良いと思います。

施設の詳細

施設名 みんなのおうち
団体名 みんなのおうちプロジェクト
実施者 太田 達也さん
住所 〒699-0402 松江市宍道町白石925
営業時間 11:00~16:00
定休日 不定休
交通手段 自家用車
備考 【facebookページ】
https://www.facebook.com/minnanoouti/

マップ

読み込み中......
パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード