しまね田舎ツーリズム ポータルサイト おいでよ!しまね

里山ハウス(里山暮らし研究所)

雲南市大東町山王寺地区にある美しい棚田。「日本の棚田百選」にも認定された棚田の景観を一望できる場所に建つのが「里山ハウス」です。
松江市出身であるオーナーの多久和さんは東京で働いた後、Uターンして松江でIT企業の社長を務め、59歳で退職後若い頃からの夢を実現させるために、奥様と二人でこの山王寺で第二の人生を自然とともに暮らそうと、2012年から里山ハウスを始めました。
協力してくれる仲間たちと共に木や竹で覆われた古い家を取り壊し、完成させた里山ハウスは「自給自足のできる家」。
電力は風力発電と、太陽光発電。風呂を沸かすのはハウス前の竹林からとってきた竹を使った竹ボイラー。竹はバイオトイレのチップとしても活用しており、冷房もテレビも無しという徹底ぶり。
ここで生産されるブランド米「棚田舞」の田植えや稲刈り、出雲大社の「真菰(まこも)神事」で知られるまこもの収穫、綿の種まき、干し柿づくりなど、体験も季節に応じ豊富。またミツバチも飼育しており、新鮮なはちみつも採れます。
地域の高齢化が進んでいるため、若者が農業で経済的に自立できるような暮らしのモデルになりたい、と話す多久和さん。美しい自然の中で、自給自足のライフスタイルをぜひ体験して下さい。

体験一覧

1棚田舞の田植え、稲刈り体験

体験カテゴリ 農林漁村体験
期間 田植え(6月頃) 稲刈り(11月頃)
対象年齢 なし
体験人数 10名程度
体験所要時間 3時間程度。ご都合の良い範囲で体験ください
料金 無料
当日持参するもの 長靴、汚れてもよい服装(長袖)、手袋
予約の有無 7日前までにご予約下さい
体験内容 「日本の棚田百選」に選ばれた山王寺棚田で作られるお米「山王寺 棚田舞」は知る人ぞ知る銘米。ここは標高300メートルの高地でかつ盆地になっているため、日中と夜の温度差が激しく、その温度差がお米の甘みと香りを作っています。

棚田は高低差がある上に曲線が多いため機械での作業が難しく、ほとんどを手作業で行います。5月頃に田植えをし11月頃には稲刈り、また米を天日干しさせる「はで干し」の作業を見ることもできます。美しい棚田の風景の中、美味しいお米を作るお手伝いを一緒にしませんか。

2マコモタケ収穫体験

体験カテゴリ 農林漁村体験
期間 9月中旬~10月中旬
対象年齢 なし
体験人数 15名程度
体験所要時間 2時間程度
料金 1,500円(マコモタケ試食とお土産付き)
当日持参するもの 長靴、汚れてもよい服装、手袋
予約の有無 7日前までにご予約下さい
体験内容 マコモはデドックス効果が高いことで知られています。そのマコモの根元に出来るマコモタケは中華料理の高級食材として扱われています。シイタケとタケノコを合わせたような食感をお楽しみください。そのほか、綿の栽培もおこなっています。

3味噌・豆腐づくり体験

体験カテゴリ 農林漁村体験
期間 1月中旬~2月
対象年齢 なし
体験人数 20~30人
体験所要時間 3時間程度
料金 お問い合わせください(作った味噌1kgをお持ち帰りいただけます)
当日持参するもの エプロン、マスク、三角巾
予約の有無 7日前までにご予約ください
体験内容 山王寺棚田で育った大豆はとても美味して人気があります。その大豆を使って味噌と豆腐づくりに挑戦してみませんか。作った味噌は、そのままお持ち帰りください。半年後には美味しい手前味噌を味わうことが出来ます。豆腐はその場で試食します。冬の時期なので会場は松江市内の公民館となります。

施設の詳細

施設名 里山ハウス(里山暮らし研究所)
実施者 多久和 厚さん
住所 〒699-1241 島根県雲南市大東町山王寺241番地
問い合わせ電話番号 090-8606-0202
営業時間 9:00〜18:00(電話応対時間)
定休日 なし
交通手段 国道24号線沿いの須我神社前、国道267号線へ曲がる。山王寺の棚田の看板を頼りに山道を進んで行くと
里山ハウスの看板が見えてくる。
URL
備考 【里山ハウス空撮映像】
https://www.youtube.com/watch?v=j5rjU9mbdkM

実践者メッセージ

マップ

読み込み中......
パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード