しまね田舎ツーリズム ポータルサイト おいでよ!しまね

郷土料理

郷土料理
郷土料理
郷土料理
森川さん

郷土料理と食文化に触れる

「茅葺の縁」のある山里では昔から旬のものを食し、収穫を終えた晩秋には保存食をつくって冬支度に入ります。また石見地方では、祭りや祝い事のときに「角寿司」をつくります。角寿司は海の食材ではなく、農家が手に入る食材でつくられることから「田舎寿司」とも呼ばれています。見た目はシンプルな寿司ですが、中にはシイタケやニンジンなどの野菜を甘く煮込んだ具材がたくさん入っています。田舎に伝わる郷土料理は心も体も元気になれます。

農家民宿 芽茸の緑

蕎麦打ち

いやしの郷 骨董カフェ こめや

打ちたてそばを味わう

骨董カフェ「こめや」では、実践者の藤原さんから、そば打ちを教えてもらえます。「出雲そば」は、玄ソバを殻ごと石臼などで挽くので色は黒っぽくなります。また、そば粉が荒目なので水分調整やこね方にもコツがいります。はじめて体験する人は麺の太さがマチマチになりますが、つくりたて茹でたてを食べるので、香りや風味も良く、おいしくいただけます。

いやしの郷 骨董カフェ こめや
パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード