しまね田舎ツーリズム ポータルサイト おいでよ!しまね

民泊・宿泊

郷土料理

海の見える小さなお宿

「この窓から見える素朴な田舎の景色が好きです」と話すのは実践者の前田さん。10年前に美郷町に移り住み料理店をご主人と開業。現在もランチや、予約で夜の食事もいただけます。ここは名前の通り「ゆっくりと、この土地の空気に身をおく宿」として、体験は温泉入浴のみです。近くには昔から湯治場として知られている千原温泉と、黄金色の湯が湧く加田温泉があり、2つの温泉が楽しめます。温泉から帰ると、地元の旬の食材を使った田舎料理が囲炉裏端で味わえます。旨みが凝縮された干し大根の煮物や鮎の出汁がおいしい「へか焼き」鍋などが食せ、贅沢なひとときが過ごせます。

ゆるりの里
ゆるりの里

今宵は縁側で海の宿

海の見える小さなお宿

鳴き砂で知られている「琴ケ浜」、そして、石見銀山の積み出し港であった「鞆ケ浦」など歴史や文化が残る港町に「鞆の銀蔵」があります。100年以上も経つ古民家を移築し改装した1日1組限定の宿です。隣の建物の2階には食堂があり「ボべ飯」などの郷土料理もいただけます。宿の前には日本海の絶景が広がり潮騒の音が心地よく、時にはイルカが来ることもあるそうです。夏は浜で海水浴が楽しめるほか、釣りは一年中できます。またオプションの「鞆ケ浦遊覧船」では、海岸の絶景が望め、波が凪の時には浸食洞窟を船で通る体験もできます。

海の見える小さなお宿
鞆の銀蔵

茅葺き

茅葺の古民家に泊ろう!

浜田市街から車で30分、のんびりとした山里に「茅葺の縁」があります。どっしりとした立派な茅葺の屋根、和室と縁側は障子一枚で仕切られた昔ながらの古民家で宿泊できます。広い縁側からは庭が眺められ、時がゆったり流れているかのように、のんびり過ごすことができます。また茅葺の縁では季節に応じて山菜採りや田植え、イモ掘りなどの農業体験ができます。宿泊客は自炊可能ですが、郷土料理の「角寿司」や煮しめ、豚汁などの素朴な田舎料理を実践者の森川さんとつくることで楽しいひとときを過ごせます。

茅葺の古民家に泊ろう!
パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード