しまね田舎ツーリズム ポータルサイト おいでよ!しまね

農山漁村体験

季節を感じながら農業体験!

奥出雲町は農林業の町であり、そばの産地でも知られています。「古民家暖々」は国道314号線から細い道を上った山の中にあるので、 まるで「隠れ家」のようです。週末の昼の時間は出雲そば店として営業し、それ以外は民泊や農業体験が楽しめます。
春は田植えや野菜の苗植え、夏は川遊びや釣り、秋はサツマイモ掘り、冬は雪遊びなど、季節によって楽しい体験ができます。
中でも特産物のエゴマやトウガラシの苗植えや収穫は、ここの特徴でもあります。
その他、地元「小そば」をつかった、そば打ち体験は子どもから大人まで、とても喜ばれています。

そば粉に水を入れてこねたら、棒で伸ばして、包丁で切ります。麺を切るときは、とっても慎重!

そば粉に水を入れてこねたら、棒で伸ばして、包丁で切ります。麺を切るときは、とっても慎重!

打ちたてのそばをいただきます。自分たちでつくったそばは、とってもおいしい!

打ちたてのそばをいただきます。自分たちでつくったそばは、とってもおいしい!

食べ終わった後は、もちろん片付けもしっかりと! 皆で手分けをしたので早く終わりました。

食べ終わった後は、もちろん片付けもしっかりと! 皆で手分けをしたので早く終わりました。

季節を感じながら農業体験!
ゆるりの里
ゆるりの里

森林の豊かさを体感しよう!

「たばせ屋」は、築90年の納屋を10年かけて改装し、現在は町おこしの拠点施設となっています。実践者の小川さんは林業の仕事に就いていたこともあり、間伐などの林業体験やチェンソーをつかったカービング体験を行っています。家族向けには、森や水の豊かさが体感できるキノコ狩りやワサビの収穫、山菜採りなどもあります。そのほか炭窯で木炭や竹炭をつくったり、そば打ち体験、コンニャクづくりなどもできます。森林での体験などを通して、自然の良いところだけではなく、厳しさや環境問題なども学べます。

スス竹を使って箸づくり。専用の枠木に竹を固定させ、カンナで少しずつ削っていくと、オリジナル箸の完成です!

森林の豊かさを体感しよう!

ナメタケの原木は森林の中にあります。その栽培場所まで険しい山道を上っていきます。

森林の豊かさを体感しよう!

チェンソーでカービング体験。丸太の木を使い動物形になるように、チェンソーで彫刻をしていきます。

畑で収穫されたサツマイモを薪ストーブの上に置いて焼き芋に!

畑で収穫されたサツマイモを薪ストーブの上に置いて焼き芋に!

古民家暖々

夏休みは自然の中でキッズ合宿

「はまだ自然冒険村」の朝は、ラジオ体操からはじまります!

「はまだ自然冒険村」の朝は、ラジオ体操からはじまります!

地元の子どもたちが秋の遠足を兼ねて、番茶摘みにやってきました。

地元の子どもたちが秋の遠足を兼ねて、番茶摘みにやってきました。

はまだ自然冒険村

山を開拓した土地に一面茶畑が広がっています。
ここ扇原茶園では春から秋の茶摘みシーズンに「お茶畑体験」として
茶摘みや、お茶づくりの話などが聞けます。また夏に毎年開催される「はまだ自然冒険村」では6泊7日、子どもたちが約20人集まり、座禅や海水浴、基地づくり、ピザづくり、ドラム缶風呂などを体験します。「子どもたちは親元を離れ、自然や人との繋がりの中でさまざまな体験をします。私たちも毎年、一緒に楽しんでいます!」と実践者の佐々木さん。 その他、海の見える茶室で茶道体験や天然酵母のピザづくり体験もできます。

扇原茶園
パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード