しまね田舎ツーリズム ポータルサイト おいでよ!しまね

自然体験

日本海に面した鵜峠と鷺浦地区の地名から名前をとった「鵜鷺げんきな会」は、海や歴史ある港町の魅力を伝えています。細い路地や全ての家に屋号が書かれた表札などの古い町なみを散策したり、海が見える古民家に民泊ができます。中でもクルージング体験は人気があり、小船に乗り湾から日本海の大海原へ出て、磯遊覧やカモメの餌づけ、天然洞窟の探検などもできます。夕方は海に沈む夕陽を眺めたり、夜は季節によって夜光虫(海ホタル)観賞や漁火観賞なども楽しめます。また塩炊き体験では、海水を煮詰めて天然塩をつくることで、 海の豊かさや自然から恵みを感じることができます。

海の魅力を体感しよう!
鷺浦まち歩き
鵜鷺げんきな会

自然の豊かさを学ぼう。

自然の豊かさを学ぼう。

有機農業の町で知られている柿木村に「エコビレッジかきのきむら」があります。旧柿木村中学校舎を拠点として、手づくり作品が揃うエコショップや豆腐などの田舎料理づくりなどが楽しめます。木工教室では、乾燥させたツツジの木と和紙を材料にして、温かみあるランプシェイドなどがつくれます。また農林業体験では有機野菜づくりやワサビ、シイタケ採り、山へ入って間伐の体験なども。

夏休みになると子どもたちが電気やガスのない暮らしを体験。現代の暮らしの便利さを知る貴重な経験ができます。

NPO法人エコビレッジ かきのきむら
NPO法人エコビレッジ かきのきむら

季節の恵みを感じよう。

季節の恵みを感じよう。
山里の宿

畑で冬野菜の白菜や大根の収穫や裏山でヒラタケ採りができます。ヤマタノオロチ神話の舞台の一つ「佐世神社」にも案内してもらえます。

山里の宿

神話伝説が息づく雲南市に「山里の宿」があります。春は花見、夏はホタル観賞やヘチマの化粧水つくり、秋は果物の収穫など、自然の豊かさや四季の恵みを感じられる体験ができます。農業体験では田植えや稲刈りのほか、野菜の収穫やイモ掘り、ヒラタケなどのキノコ採取なども。また近くにはヤマタノオロチ神話に由来のある佐世神社があり、椎の古木からは神秘的な歴史が感じられます。 また、お薦めは実践者の文子さんがつくる田舎料理。煮しめや天ぷら、茶碗蒸しや酢の物、生姜ごはんなどがいただけます。もちろん一緒に料理体験もできます。

山里の宿
パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード