しまね田舎ツーリズム ポータルサイト おいでよ!しまね

料理体験

築130年のかやぶきの家は奥出雲ワイナリーやしろうさぎ豆腐など、地産地消を唱える「食の杜」内にあり、水・日曜日に地元の旬の食材をふんだんにつかった田舎料理のバイキングが味わえます。

テーブルにはおばんざいの様に昔懐かしい大皿に、20種類以上もの野菜中心の郷土料理が盛ってあります。野菜はここ室山農園でつくられた有機野菜や、料理を担当する地元のお母さんが持ち寄ったもの。そのほか、漬け物などの保存食や、四季の香りがする炊き込みご飯などその時期に採れた野菜をつかうため、メニューは季節ごとに旬の味がいただけます。

四季の香り漂う田舎風おやき

山間に位置する美都町の中でも閑静な住宅地にある「野の花」。庭先や近所にある花園では季節の花が咲き誇っています。ここでは、奥さんの良子さんから「おやき」づくりを教えてもらえます。だんごの粉の中に入れるヨモギは春のまだ若葉が柔らかいうちに摘み、ペースト状にして冷凍保存。何度もこねて生地を柔らかくするのがコツ。あんこをいれて形成したら、ホットプレートでお焦げができる程度に焼きます。またご主人の一男さんからは、自ら「双川そば」と名を付けた手打ちそばを教わることができます。

世界遺産に佇む美人湯温泉でほっこり

大田市温泉津町は「石見銀山遺跡とその文化的景観」の一部として世界遺産に登録され、赤い石州瓦が連なる古い町なみは国の重要伝統的建造物保存地域に選定されており、その町中にある「温泉津庵」で民泊体験することができます。  ここでは温泉津港がある海辺や情緒ある温泉街を散策できるほか大正ロマン漂う木造洋館の「震湯カ フェ内蔵丞」で「温泉津の奉行飯」が味わえます。これは温泉津奉行・内藤家に伝わるおばんざい。ご飯の上には鶏肉、野菜、錦糸卵、海苔があり、出汁をかけていただきます。また日本温泉協会の天然温泉認定「オール5」の薬師湯は、自然湧出の源泉掛け流し。町を歩き、おいしい食と体の芯まで温まる温泉で、ゆったり過ごすことができます。

パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード