しまね田舎ツーリズム ポータルサイト おいでよ!しまね

民泊・宿泊

古き良き時代の炉を囲む暮らし

茅葺の屋根に土間の玄関、囲炉裏を囲んで食事や団らん、そんな昔ながらの暮らしが奥出雲町の山里で体験できます。朝食は実践者の白山さんができる限り昔ながらの手作業で育てた米を土鍋炊きで味わいます。夜は囲炉裏料理に挑戦。みんなで火を囲んでいると、自然と心が和み、会話も弾みます。
白山さんは「奥出雲オーガニックコットンプロジェクト」のメンバーでもあることから、春にはコットンの種まき、
秋には収穫などの体験もできるとのこと。
全国的にも珍しいオーガニック栽培の綿に触れてみてはいかがでしょうか。

小さな港町で海の暮らしを

「日本の渚百選」に選ばれている琴ケ浜。そこに程近い港町に、甍のギャラリー馬路があります。築100年の古民家では、大阪からIターンしてきた実践者の武田さんがつくるお好み焼きをランチの営業(要予約)のみ行っています。
ここでの民泊は庭が見渡せる離れに泊れ、体験は「ヘルスツーリズム」をコンセプトとして、自然の癒しを感じながら田舎暮らしが楽しめます。日本海を一望できる琴ケ浜では、「鳴き砂」が体感できるほかさざ波の音を聞きながら夕日を眺めるなど、海辺の暮らしを存分に味わうことができます。

アウトドアが楽しめる
隠岐造の古民家

隠岐の島町の北東、海端に位置する佃屋は、隠岐造と呼ばれる築120年の大きな古民家のゲストハウスです。土間の玄関を上がると続き間が3つ連なり、そこに宿泊ができます。庭の木にはハンモックが添え付けてあり、木漏れ日を浴びながらお昼寝も。
夕方になると近くの波止場にサイクリングがてら出かけ、釣りが楽しめます。釣った魚は夕食のおかずに。また運が良ければタコつぼにかかったタコが食べられることも。
そのほか海鮮バーベキューやシーカヤック、島めぐりツアーなども楽しめます。

パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード